スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

粘土で作るマカロンのレシピ

2007.12.12(15:06)
img_1577421_37949926_5.gif


クリスマスプレゼント企画続行中です詳しくは12月10日の記事をご覧ください。
どなたでもご参加いただけまーす。


私流粘土のマカロン作り方です。
(他にもっと上手な方の作り方のサイトとかもあるので
この作り方が正しいってわけではありません)
参考までにご紹介しますね。

用意する物
CIMG0651.jpg

1. 粘土(私はハーティクレイを使用しています。他のは使ったことないけど、100円ショップの軽量粘土でもできるらしいです。)
2. 好きな色の絵具(私はアクリル絵具使用)
3. クリアファイル又はクッキングシート
4. 霧吹き
5. 軽量スプーン(好きな大きさのを使用)
6. つまようじ
おまけ作り用
7. のばし棒
8. 型抜き
乾燥後に使う
9. ニス


まず粘土を好きなだけちぎり、好きな色の絵具を加えます。
最初は少なめにして、色をみながらこねます。
CIMG0654.jpg

こねこね 良い色になったかな 今回はパステル調でいきます。
CIMG0655.jpg

使用する軽量スプーンの大きさくらいのボールを作ります。
残ったのはラップでくるんでおいてね。
CIMG0656.jpg

軽量スプーンにぽこっとはめ込んで
CIMG0657.jpg

ぎゅーっとクリアファイルにおしつけます
CIMG0658.jpg

まわりにはみ出ている粘土をご覧ください
これぐらいが丁度いいです
CIMG0659.jpg

はみでた部分がおおすぎても全然かまいません
つまようじで調節すればいいだけですからね
CIMG06661.jpg

はみ出た部分をつまようじでちょいちょいと
本体のほうにくっつけていきます。
はみ出し部分の量が多い場合は粘土を引き出すようにして剥ぎ取ってください
そして残りを同じように本体にくっつければOKよ。
CIMG0662.jpg

ひとまわりちょいちょいってしたらこんな感じです
やっているうちにコツがつかめます。
CIMG0664.jpg

粘土だから何度でもやり直しがききます
粘土が乾燥してきたかなーと思ったら霧吹きでシューっと一吹きして
又こねればいいです。
CIMG0668.jpg

2こで1セットなので偶数つくること。
金網があればそれに置けば早くかわきます。
なければクリアファイルに置いたままでもいいよ。かわくのに時間がかかりますけれども
表面が乾いたら裏返せばいいです。

おまけ作り
余った粘土はのばし棒で平らに好きな厚さにのばし
型抜きでかたをぬきましょう。
クッキーみたいなのが出来ます。
クッキーをもしチャームにするなら乾くまえにぶら下げたい部分に
9ピン(9ピンの先は少し曲げておいて少量のボンドをつけて刺したほうが抜けにくくてよいです。)をさしておきましょう。

完全に乾いたら(2日くらいおけばいいかな)ニスを塗りましょう。
これでマカロン部分の出来上がりです。

クリームのシリコンホイップは粘土が乾いたら作りますのでまた後日ね。

この製作中マカロンストラップがクリスマスプレゼント企画の
商品の1部ですので、興味ある方は12月10日の記事をご覧になり
どんどん応募してくださいね


応援クリックアイコンポチッとよろしくお願いいたします
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
何時も(*´∀`)ノ~.ア☆.リ。ガ.:ト*・°
スポンサーサイト
| ホームへ |
プロフィール

Tinky

Author:Tinky
ビーズやスパンコール♪きらきら物でいくつになってもきらきらしよう計画実行中。
オートクチュールビーズエンブロイダリーがメイン時々オフルームやワイヤーワーク、ジュエルパテDecoなども製作中。

ブログ全記事表示
カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

光り輝くダイア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。